MENU

中折れの原因、40代では?

中折れ 原因 40代

 

40代の中折れは、40代前半から見られることが多く、50代に至っては約6割が経験するというものです。

 

40代になると男性ホルモンの分泌量が下がるので、実際肉体的には性欲も減退するのかもしれませんが、若いころとあまり変わらない性欲を感じている人が多いようです。

 

40代の中折れの原因

 

理由は心理的な要因やストレス、体力不足などがあげられますが、特に注目したいのが「糖尿病」や「高血圧」などの生活習慣病が原因となることです。

 

生活習慣病は40代から増えてくる病気で、食べ過ぎや不規則な生活などが原因となります。

 

ペニスを勃起させるには血流が大きく関わってくるため、血管や血液に関する病気が原因で中折れになってしまう人がいるそうです。

 

生活習慣病の予防が中折れの改善に役立つ可能性があります。

 

どのように改善するの?

 

  1. 食事…脂っこいものを控えめにして、肉より魚を多くする。野菜や果物も取り、カロリー過多に注意し、アルコールも控えめにするといいでしょう。
  2.  

  3. 運動…生活習慣病の予防にももちろんのこと、運動すると男性ホルモンの分泌量が増えるので、ぜひ身体を動かしたいですね。特におすすめなのは筋トレです。
  4.  

  5. サプリ…アルギニンは血管を拡張し勃起力を高める効果があり、亜鉛は精子を作るのに欠かせない栄養素です。そういった成分が入ったサプリを取るのもいいですね。

 

 

 

40代の中折れの原因に生活習慣病があるなんて意外ですね。ただペニスは血管が多く通っていることから、血流がよくなければ中折れしてしまうようです。食事や運動ももちろん、手軽に摂取できるサプリなどを試してみるものおすすめです。